吠えない!毛が抜けない犬種は?臭いも少ないと更に飼いやすい!

ペット
広告

スポンサードリンク




わんちゃんは犬種によって飼うのが大変な種類もいますよね。

もちろん犬を飼うこと自体が命を預かる行為で大変なのですが、
毛が多く抜ける犬や毎日散歩が必要な犬、餌が多く必要な犬、よく吠えるなど犬種によって特徴に違いがあります。

実際生活リズムに影響が出る犬種もいそうなので
自分が世話のできる範囲で考えて飼うべきですよね。

この記事ではわんちゃんの特徴をご紹介していき
比較的買いやすい犬種を紹介していきます。

ぜひ、わんちゃんを幸せに飼ってあげる為の参考にしてください。

吠えない毛が抜けない犬種は?更に臭いも少ない犬種はいる?

スポンサードリンク

犬が吠えることがご近所トラブルになることもありますよね。

その為、
あまり吠えないわんちゃんを飼いたい人は多いと思います。

まったく吠えない犬種はないですが、
あまり吠えないわんちゃんはいます。

 

そもそも主に犬が吠えるのは痛い時や怖い時、嫌な時です。
(嬉しくて声がでちゃう時もあり)

なのでこれらの感情が起きなければ基本吠えないんですね。

痛い・嫌の二つはそれらの感情を伴う行動をしなければ大丈夫です。

ですが、怖いは犬種によって変化します。

例えば散歩中などすれ違う人が怖いと犬が感じてしまうと吠えますし、警戒心が強くても吠えやすいです。

そのため人懐っこい正確や、マイペースな犬など周囲に警戒しない、怖がらない犬が比較的吠えにくいです。

 

とは言っても、
わんちゃんにとって吠えるというのは大切なコミュニケーションなんです。

「吠える=悪い」
ではないんですよね。

わんちゃんをまったく吠えないようにするのは無理ですし、可哀想なので、そこをよく理解してから飼いましょうね。

 

また、
犬といえば抜け毛も気にしなければなりませんよね。

ハスキーのように抜け毛が多い犬種だと毎日家を掃除しなくてはならなくなり大変です。

 

ここでは比較的吠えにくかったり
毛が抜けにくく手入れがしやすいわんちゃんをご紹介します。

トイプードル

トイプードルは抜け毛が少ない犬種で有名です。

さらに人懐っこい性格をしているため、あまり無駄吠えもしません。

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアは被毛の美しさから「動く宝石」と呼ばれています。

そんなヨークシャーテリアは吠え癖や噛み癖がありますが、頭が良いのでしっかりしつければ問題をおこしません。

プライドが高い犬なのでしつける場合は叱るのではなく、褒ることで覚えさせていきましょう。

ミニチュアシュナウザー 

ミニチュアシュナウザーは好奇心満載の元気な犬種で、人になつきやすいです。

他の犬とも仲良くしやすいため、いろいろな犬を買っている人にもおすすめです。

一方で警戒心が強い一面があり、無駄吠えすることがありますが、
利口で賢く飼い主に従順な犬種なのでしつけもしやすいです。

マルチーズ

マルチーズは抜け毛が少なく、穏やかな人懐っこい甘え上手な性格のため、吠えることは少ないです。

運動量も少なくて良いので飼いやすい犬種といえますね。

ただ、口周りが汚れやすいため、こまめに拭くか毛を短くカットしてあげてくださいね。

チワワ

チワワは忠誠心が強く、散歩やお手入れ、体臭も少ないため、非常に飼いやすい犬種です。

ただ、チワワは気が強く警戒心が強いのでしっかりとしつけをしないと飼いにくい犬種となってしまいます。

よくチワワが吠えまくってるのを目にしますよね。

ただ、しっかりとしつけさえしてあげれば非常に飼いやすいわんちゃんです。

飼いやすい犬種の特徴は?

飼いやすい犬種の特徴は主に人懐っこい・お手入れが楽・しつけがしやすいの三つです。

それぞれ紹介していき、それらに対応した犬種を紹介していきます。

人懐っこい

飼ってすぐに懐いてくれる犬種は飼いやすいです。

友人や他の犬ともすぐに仲良くなり、子供がいる家庭におすすめです。

先ほどご紹介したわんちゃん5種類全て当てはまるので参考にしてみてください。

お手入れが楽

抜け毛や体臭が少ない犬もおすすめです。

特に抜け毛が多い犬種は1日にたくさん掃除をしなければならず大変です。

トイプードル、マルチーズ、チワワが当てはまります。

しつけがしやすい

しつけがしやすい犬種であればトラブルも少なくなります。

トイプードル・マルチーズが当てはまります。

まとめ

飼いやすい犬種について紹介しました。

わんちゃんを飼うというのは命を預かること。

しっかりと幸せにしてあげたいですよね。

その為にも、
見た目が好きな犬種、ここまでの世話はできるなど、自分にできる範囲を最初にしっかりと考えて飼う犬種を選んでみてください。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました