保育園の靴の名前はどこに書くのが正解?直接書きたくない時は?

保育園&幼稚園
広告

スポンサードリンク




保育園では基本的にすべての持ち物に名前を書く必要がありますが、
名前を書く時に一番困るのが『靴』ですよね。

「みんな靴のどこに名前を書いているんだろう?」と迷ってしまいます。

実は名前を書く場所は、外履きと内履きでおすすめの場所が異なります。

今回は、

  • 保育園で使う靴に名前を書く場所(外履きと内履きで違う)
  • 何を使って名前を書くべき?
  • 靴に直接名前を書きたくない時のオススメの方法

を詳しく解説していきますね。

特に、「靴に直接名前を書きたくない時のオススメの方法」はとってもオススメの方法なので、ぜひ最後までお読みくださいね。

保育園の靴の名前はどこに書くのが正解?ペンはどんなのがいい?

スポンサードリンク

保育園の靴の名前はどこに書くのが正解か悩みますよね。

靴に名前を書く場所は、外履きと上履きによっておすすめする場所は異なります。

順にご説明しますね。

保育園の「外履き」の名前を書く場所

外履きは主に靴の内側である

  • 中敷き
  • マジックテープの内側
  • マジックテープで隠れる場所
  • 靴のベロの裏側

この4カ所がおすすめです。

外側からは見えませんが、子ども本人が靴を履くときに見える場所なので、本人が取り違えをすぐに気付くことができます。

先生は慣れているので外から見えていなくても探せます。

また、靴の内側に書くことで保育園以外のお出かけにも気にせず同じ靴を使えますよね。

 

外履きには内側に名前を書くようにおすすめする理由は、
防犯面からです。

もし外側に名前を書いてしまうと、知らない人からもフルネームが丸見え状態になってしまいます。

知らない人から名前を呼ばれて、子どもが付いて行ってしまう危険が考えられますので、できれば外履きは内側に名前を書くようにしましょう!

保育園の「内履き」の名前を書く場所

上履きは外側のこの3ヶ所がおすすめです。

  • かかとのゴム部分
  • 靴の両サイドの外側
  • 足の甲

一番目立つのはかかとですね。

かかとのゴム部分は下駄箱に靴を入れた時でもしっかり見える箇所なので、別の子に間違われることも減らすことができるでしょう。

靴を並べて置く時に目立つ靴の甲の部分もおすすめです。

分かりやすいようにかかとと靴の甲の2か所に書く人もいます。

ぜひ参考にしてくださいね。

何を使って書くのがおすすめ?

靴に名前を書く時のペンは、油性のマジックペンがおすすめです!

雨の日や、遊んでいて濡れてしまった時でも消えることがありません。

しっかり名前を書いてあげましょう!

保育園の靴の名前を直接書きたくない時にオススメの方法!

マジックペンで名前を書いた靴ってちょっとダサいな。なんて思ってしまうこともありますよね。

保育園内ならまだしも、保育園以外で使おうとするのはなんだか抵抗が、、なんて場合もあります。

それに1~2歳の時は靴の買い替えも早いので、キレイなまま履けなくなる靴も多いです。

そのまま捨てるのも勿体ないので、お下がりや誰かに譲ろうと考えますよね。

ですが靴に名前を書いてしまうと、他の子が使えなくなってしまいます。

そんな時にオススメなお役立ちアイテムがあります!

靴のかかとのループ部分に通して使う名前タグの
「くつデコミニ」や「くつのしっぽ」というアイテムです。

くつデコミニはこちらです↓

くつのしっぽはこちら↓

名前が印字された状態で届けてくれるので、手書きをする手間を省くことができます。

くつのしっぽの方は名前の部分を裏返して隠せるので、防犯面でも優秀ですね。

 

どちらともゴム紐で付けるので、靴を新しく買い替えた時に再利用することも可能ですよ。

見た目が可愛らしいものが多いので、保育園以外でもつけたまま外出することもできます。

靴をお下がりしたり、誰かに譲りたいときは、このネームタグを取り外すだけなので、名前を残さずキレイなまま渡せます。

靴に名前を直接書きたくない時は、ぜひこのアイテムを参考にしてみてくださいね!
(楽天市場に移動します)

くつデコミニ種類一覧はこちら

くつのしっぽ関連商品の一覧はこちら

まとめ

保育園の内履きと下履きの名前を書く場所についてご紹介しました。

内履きは誰でも見えるように踵や靴の甲、外側の両サイドが候補になります。

外履きは内側の中敷きや、マジックテープの内側など見えない場所に書くのがおすすめです。

外履きの靴に名前を書く場所を内側におすすめする理由は、防犯上の問題になります。

もし外側に書いてしまうと、知らない人からフルネームが丸見え状態になってしまうからです。

子どもは自分の名前を呼ばれると、知らない人でもついて行ってしまうかもしれません。

できれば外履きは内側に名前を書くようにしましょう!

 

また「靴に名前を直接書きたくない!」と思う場合もありますよね。

とくに1歳児、2歳児は成長が早く、足のサイズがどんどん変わるので全然履かずにキレイなまま使えなくなる靴が多いものです。

その時にお下がりをしたり、メルカリなどで誰かに譲ったりすることを考えると、直接書くことに抵抗がありますよね。

そんな時におすすめなのが、かかとのループ部分に目印をつける方法です。

かかとのループ部分に取り付けることができる「くつデコミニ」や「くつのしっぽ」というアイテムがあります!

簡単に付けられてなおかつオシャレで可愛いなんて最高ですよね。

ぜひ使ってみて下さい。

くつデコミニ種類一覧はこちら

くつのしっぽ関連商品の一覧はこちら

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました