彼氏から劇的に大切にされる方法!大好きな彼の事は趣味にすると良い

スポンサードリンク




こんにちは六花(りっか)です。

今日は、

彼に愛される女性になる為の心構え
をお話します。

彼が大好き、彼が大切。

だから、
私も彼に愛されてとってもとっても大切にされたい!

そう思えば思うほど、彼から大切にされなくなる…
なんてゆうあなたは必見です。

なぜ彼からないがしろにされるのか

スポンサードリンク

彼に大切にされなくなる原因 はズバリ、
『 彼にとってあなたが居心地の良い存在じゃないから 』
なんです。

あなたは…

彼を自分の所有物のように思っていませんか?
彼が【 してくれない 】事ばかり見ていませんか?
そして、それに対して文句ばかり言っていませんか?
彼を疑ったり詮索したりしていませんか?
【 彼氏ってこうあるべきだ 】と、決めつけていませんか?

そういうのは男性を疲れさせます。
かなり。

彼は最初は優しくしてくれたんです

そりゃそうです。

特に彼からあなたを好きになって
アプローチしてくれた場合、
彼にとってあなたは魅力的です。

まだ手に入っていない。
それゆえにミステリアス。

もちろん自分に対して干渉してこないから楽。

それが、付き合った途端、
依存や執着に変わってしまったら。

彼だって、あれ?こんなはずじゃなかった。
となって当たり前ですね。

だって干渉しなかったら、どこかへ行っちゃいます。
干渉しなかったら浮気するかも。
自分といない時に何をしてるか全部知らないと不安。

こんな事を考えていませんか?
これは彼にとって 相当重い です。

逃げたくなって当然です。

彼もあなたも1人の人間です。

人格があり、人権があり、自由があります。

それを全て認めてあげて下さい。

野放しにしていたら、

  • 浮気する?
  • 過度なギャンブルに走る?
  • 自分と会ってくれない?

そういう人なら別れましょう。

別れる勇気を持つ方法と、
彼との別れを決断する前にやるべきことは、
こちらで詳しくご紹介しています↓
今の恋愛が辛いならこのままじゃダメ!彼と別れる勇気を持ちましょう

人と人には相性というものもあります

それがあまりにも合わなければしょうがないんです。

自分の幸せを考えるのなら、
離れる事も視野に入れなければいけません。

彼を自由にさせてあげるのと言いなりになるのとは違う

もちろん、
このブログでも何度も言っていますが、

【 彼を自由にさせる 】

のと、

【 彼の言いなりになる 】

のとは 全然違います。

ここは気をつけて下さいね。

『 彼の全てを認める 』
為には、
『 あなたの事をあなた自身が全て認めてあげる 』
という事も同時にする事が大切になってきます。

これが【 自分を大切にする 】という事です。
まずはこのベースを作りましょう。

彼が大好き。
彼が大切。
でも、彼が心変わりしたのなら、
それはそれで受け入れます。
不義理するような人だとわかったなら、
すぐに別れる覚悟があります。

こう思える女性になって下さい。
その思考があなたの彼を変えます。

または、素敵な男性を引き寄せます。

そう思える女性になると不思議と、
心変わりされません。

浮気されません。
一生大切にされます。

どうやったらそう思えるの?

『でも、どうやってその思考に
なればいいのかわかりません …』
そう思う方も多いと思います。

必要な事がわかったら、
後は実践する、意識しながら生活する、
しかないのですが、コツもあります。

それが本日の題名にもなっている、
『 大好きな彼の事は趣味にする 』
です。

趣味って、
毎日毎秒できる事ではないですよね。

生活の中心に置くのではなく、
時間ができた時に楽しむもの。

それが趣味です。

彼の事もその様に思って下さい。

彼氏とは本来、
あなたがどうにかして変えようとする対象ではなく、
執着し所有しようとする対象でもありません。

彼氏とは本来、
一緒にいてただただ楽しい、
ただただ安心できる、
ただただ幸せ、そういう存在なんです。

彼の事を生活の中心にするから、
重たがられるんです。

男性の求める恋愛は
女性の求めるそれとは違う事を、
今、しっかり理解しましょう。

それができると、不思議なことに、
彼があなたの事を生活の中心に
置いてくれるようになります。

男性は、
ほっておくとどこかへ行ってしまいそうな、
そんな自立した女性にこそ本領を発揮するんです。

燃えるんです。

あなたが余裕になれば、彼が追いかけて来ます。

それがうまく行く恋愛のあり方なんです。

今回もお読みくださってありがとうございます。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする