アイロンワッペンの上手な剥がし方は?残ったノリが剥がれない場合の対処法も!

生活
広告

スポンサードリンク




アイロンワッペンはアイロンで簡単に服やカバンなどに貼り付けることができます。

しかし他のアイロンワッペンをつけたくなったり、やっぱり外したいと思うこともあると思います。

そこで無理に手で剥がせば服に傷が付いたりノリが残ったりします。

それがお気に入りの服やバックなら悲しいですよね。

 

こちらの記事では、

  • アイロンワッペンの上手な剥がし方
  • 剥がした後のノリの対処法

をご紹介します。

簡単に取り除く方法以外にも道具がない場合の代用できるものも紹介するので是非最後まで読んでみてください。

アイロンワッペンやアイロンシール の上手な剥がし方は?

スポンサードリンク

アイロンワッペンやアイロンシールは裏にノリがついており、アイロンを当てることでノリを溶かして衣類にくっつく仕組みとなっています。

うまく剥がすにはこのノリをどうにかしなければなりません。

 

オススメの方法は
再び熱で熱してノリを溶かして剥がす方法です。

アイロンで再度アイロンワッペンを熱してくっついているノリを溶かして剥がしやすくしましょう。

注意点として、この方法でノリを溶かした場合アイロンワッチペンがすごく熱くなります。

剥がす際は決して手で触らずピンセットなどを使いましょう。

 

アイロンにはスチーム機能という蒸気で熱することができるものもあります。

自分が使っているアイロンにもしこの機能が付いていればスチーム機能を使うとさらに剥がしやすくなります。

 

もしスチーム機能がついたアイロンがなく、熱するだけでは取れないという場合は濡れたタオルを使う方法があります。

水で濡らしたタオルをアイロンワッペンの上に被せて上からアイロンを当てる方法です。

これでスチーム機能をある程度再現できます。

ただ、タオルにノリが付着してしまう事があるので、使うタオルは捨ててもよいものにしましょう。

 

アイロンを用意するのがめんどくさいという場合、
ドライヤーを使う方法もあります。

アイロンより時間はかかりますが、準備にあまり手間がかかりません。

アイロンワッペンにドライヤーの熱い風をあててノリを溶かしましょう。

この時もアイロンシールを少し濡らしても良いですね。

小さいアイロンを用意しておくと便利!

今回のように、アイロンシールのノリを取りたい時や、ちょっとしたシワを取りたい時にわざわざしっかりしたアイロンを出すのはめんどくさいですよね。

そんな時のために、小さいミニアイロンを用意しておくのがオススメです。

こんな感じで小さくてコードレスだとサッと出せてすぐに使えますよ
↓↓↓

これも使いやすそうですね
↓↓↓

残ったノリがキレイに剥がれない場合の対処法は?

アイロンワッチペンをうまく剥がすことができても、服にノリが付着したままということが多いです。

その場合もスチーム機能がついたアイロンをノリの上に当てる方法がとりやすいです。

もちろん濡れたタオルを被せて上からアイロンをあてる方法でも大丈夫です。

 

それでもとれない場合は薬品を使う方法があります。

薬品の場合消毒用エタノール・ベンジンなどが使えます。

これらを綿棒の先端に付けてノリがついた部分を軽く擦るとノリを溶かせます。

この時強く擦ると服に傷がつくことがあるのであまり力を入れないようにしましょう。

ただし、服の素材によっては薬品によって傷んだり白っぽくなったりすることもあるので、見えない場所で試してから使うようにしましょう。

 

他にはガムテープを使う方法があります。

水で濡らしたガムテープをノリの部分にあてて剥がすという作業を数回行いノリをとる方法です。

この方法は用意するものがガムテープのみなので他と比べて準備が簡単です。

ただこの時、水でガムテープを濡らさなければノリを剥がす際ガムテープも一緒に服に張り付くことがあるので必ず水で濡らすようにしましょう。

 

それでもどうしてもキレイに剥がせない場合いっそのこと新しいアイロンワッチペンを貼るのも一つの手です。

ノリを隠すように貼れば見えませんし、新しいアイロンワッチペンを貼ることでイメージチェンジもできます。

まとめ

今回アイロンワッチペンやアイロンシールのキレイな剥がし方、残ったノリの剥がし方を解説しました。

付けたものが大切な服やバックの場合キレイにとれなければ悲しいですよね。

アイロンの熱で再びノリを溶かして剥がす方法、ちょっと濡らす裏技、薬品やガムテープを使う方法など、試すことができる範囲で試してみてください。

薬品は変色などの恐れもあるので最終段階で使うようにするのが良いかもしれませんね。

あなたのアイロンワッペンがキレイに取れますように!

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました